1月/初猿丸 1月/初猿丸
猿丸神社は、「奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の 声聞くときぞ秋はかなしき」の歌で知られる猿丸大夫が祭神。狛犬ではなく、神猿が迎えてくれます。毎月13日が祭日で、1月は初猿丸として賑わいます。


6月/禅定寺 ぜんじょうじ 6月/禅定寺 ぜんじょうじ
禅定寺は、平安時代中期に華厳宗の寺院として建立(991年)され発展、戦国時代に焼失するが、江戸時代前期に曹洞宗の寺院として中興されます。藤原時代の木造十一面観音立像など重要文化財も多数あります。

10月/田原三社祭 10月/田原三社祭
田原三社祭は、毎年10月上旬に4日間行われる秋祭。平安時代中期に藤原秀郷が平将門を滅ぼした功績で、朝廷から田原郷の領主の位を授かった際、住民が村の平和を祈願してみこしをかついだのが始まりと伝わる。町内の三神社、大宮神社(同町荒木)、三の宮神社(同町立川)、御栗栖神社(同町南)からみこしが巡行し、同町郷之口の御旅所まで練り歩きます(神幸祭)。この御旅所が、壱之庄のすぐ隣です。本物の馬も出ますよ。

11月/柿屋・鶴の子柿 11月/柿屋・鶴の子柿
鶴の子柿 お米の刈り取りがすんだ田んぼには、「柿屋」が組まれます。宇治田原特産の「古老柿」がここで天日をあびて干し柿になります。鶴の子柿と呼ばれる小ぶりの柿で作られます。柿屋は、宇治田原の秋の風物詩です。