Vol.26 おひなさま和菓子デコレーション

Vol.26 おひなさま和菓子デコレーション

(材料)

白あん  300g
もち粉  15g

【色づけ用】
抹茶         小1/2
(同量の水で溶いておく)
いちごジャム     小1
インスタントコーヒー 小1/2
(同量の水で溶いておく)

【飾り用】
黒ゴマ
アラザン
金平糖など

(作り方)

1.白あんともち粉を耐熱ボウルに入れ、混ぜ、ラップをせずに電子レンジに2分かける。

2.1.を熱いうちに木べらなどでよく練るように混ぜる。冷ます。冷めてから再度2分レンジにかける。これをもう一度行う(合計3回繰り返す)。

3.2.に色をつける。緑は抹茶で、ピンクはジャムで、茶色はコーヒーで。何も色をつけない「白」も。それぞれ、よく手でこねる。「練りきり」が完成。

4.<菱餅>まな板に薄く打ち粉(片栗粉)をし、麺棒にも薄く粉をはたき、緑、白、ピンク、それぞれの色の練りきりを伸ばし、ひし形に包丁で切って重ねる。

<おひなさま>顔は「白」(色づけしていないもの)を丸め、ゴマで目を入れ、アラザンを眉にする。顔より少し大きめに丸めた土台(何色でもOK)に押しつけるように顔をのせ、薄く伸ばした色つき練りきりの着物を巻く。着物の裾はお猪口などで丸く押し切りする。烏帽子や扇子も作り、押しつけて貼る。


(アドバイス) 作ってみたら案外できちゃう、ねりきりのおひなさま。直線を出すところは包丁で押し切りするとキレイに出ます。
かわいくできたら食べる前に記念撮影してくださいね。
練りきりが硬くて扱いにくいときは水分をほんの少しずつ加えて練ってください。
ピンクは、冷凍ラズベリーを自然解凍してつぶしたものを練り込んでもきれいな自然の色が出ます。


余った練りきりは、目の粗い金網で越してそっとまとめるだけでかわいい和菓子に。
写真では「抹茶せんべい」(壱之庄で売っています)にのせました。
上に甘納豆やクコの実を飾りました。
余った練りきりでかわいい和菓子に
Photo by shuho INOUE (新しいウインドウが開きます)